2016年4月

2018.05.23 update
2018年04月06日(金)

朝から小雨。ひとひは「にゅうがくしき」の練習のため学校へ。新一年生を迎えるうたを新二年生がうたうのだ。僕は2階でオートスポーツ「ピットイン」原稿。スーパーGTが日本のレースであることについて。ひとひ帰ってきてお昼過ぎまで、届いたばかりのベネッセのチャレンジをあけている。九九ウォッチ、というものに驚いた。お昼にスパゲティ、昼から園子さん、ひとひ、僕、それぞれの大量の本の整理。浅草から三崎に越すとき、一度おもいっきり減らしたけど、今回もそれくらいの気持ちで。文庫本や図書館本でまた手に入るだろう本は100000tへ。二度と会わないだろう本は手元へ。3時過ぎにひとひとミシマ社へ。パネルを分けてもらい、あさって誕生日の園子さんのための似顔絵をひとひが盛大に描く。また、プレゼントの絵を描き、それがなんなのか当ててもらう、という趣向。4時過ぎに帰り、ひとひはちょっとチャレンジ。雑誌を読んでいて足をバタバタさせ、ちゃぶ台の上に置いてあったシトロエンS4を蹴り落とし、ミラー、泥はねなどの細かい部品を破損してしまう。「これ買うたときの、あの、日暮里のぴっぴに、いま、きみが会うたら、おたがいどんな気持ちすんねん」「かなしい・・・」。大切なものは大切に扱ってほしい。それだけ。モータースポーツ雑誌の整理すませ、付録についてた佐藤琢磨インディ500のDVDみる。やっぱ実況のほうがおもろかったな。生で見とったからか。晩ごはんは、松本の田舎家さんからひとひの「入学祝い」にと送っていただいた栗おこわ。サワラの醤油つけ焼き、けんちん汁、じゃが鶏。根菜の夢こんさい。ジェレミー・ウェイドの怪魚ハンター、総集編みる。お風呂ではシーラカンスくん、オパビニアくん、アンモナイトくんが、お互いのいいところを活かしてショーを見せてくれる。おめでとう!

2018年04月05日(木)

朝起きて納豆ごはん。そしてひとひはすぐに「オートスポーツ」連載の絵。2010年に年間タイトルを獲ったホンダHSV-010GT、ウィダー・イン・ゼリー、とボディに書いてある。市販ベースではないのにGTレースを走ったホンダ独特のマシン。園子さん友の家へ。ひとひがんばって描きつづけ、10時20分の出発までにあらかたしあげてしまう。10時30分過ぎのおけいはんで樟葉。今日はふたりでクレイン京都の乗馬教室。12時からの講習では、これから暑くなる夏シーズンに向けて、「あせこき」なる道具と、シャワーの浴びせ方など教わる。まず股間、そして腰、じょじょに上半身へ。いきなり心臓あたりになぞぜったいにかけたらいけない。馬死ぬ。また、先生もびびったら馬に負ける、ということがわかった。ふたりでパン分けて食べ、1時半から騎乗してのレッスン。ひとひはキューブ、僕はキープ・ザ・フィールドと、前回と同じ。しかし本日は炎暑、馬たちもこんな日は動きたくない。そんな日に動いてもらうのが乗馬なのですね。やっってるうち、キープ・ザ・フィールドと僕の気持ちが手綱でつながってる錯覚があった。錯覚なのかな。少なくともこれまでとは違ったし、いちばん楽しかった。次は14日。樟葉駅で和菓子(花見ダンゴと桜餅)、おけいはんの車内で大口でかぶりつくひとひ。おなか減っているのだ。うちに帰り着いて、絵の三枚目。2018年モデルのEPSON NAKAJIMA RACING GT500。NSX3台そろいぶみ。毎回、前回のレベルを楽々クリアしていくのは、手も目も気持ちも、2年生を前にぐーんと成長してるからでしょう。5時過ぎに終了し、園子さんも着替えて、ささっと烏丸仏光寺のホテル一階のフレンチ進々堂へ。カウンターにはいった光くんにみんなで「おめでとう」をいう。本日が正式なオープニングで。ひとひはチーズ、パン、お肉、ポテト、すべてがおいしかったようで。園子さんは野菜スープの味の深みに驚愕。僕はたっぷり注いでもらえるカラフェの赤ワインににやにやにやにやしていました。いいお店がまたひとつ。ひとひ帰って園子さんとお風呂。前後に「モータースポーツがちょびっと好きになる映像集」みる。ヴァレンティーノ・ロッシが好きになった。ヴァレンティーノ・ロッシが好きにならない男の子なんてこの世に誰がいる?

2018年04月04日(水)

朝ひとひと混ざって起きる。納豆ごはん食べ、2階で「日本からきました」鈴鹿編を書く。そのあいだ、ひとひはピアノやらGTの本やら。11時になって、園子さんが「もう、だいじょうぶだったら、いこーよ」と呼びにくる。九州から帰っている落合家族、地元のヤマモト家族とお花見なのです。丸太町橋南側のしだれ桜はまだ見頃。おおぜいが敷物を敷いてぶんちゃかわんちゃかやっている。ひとひと園子さんと、ファーマーズでパン、フレスコで飲み物買い、会場にいくと落合せーちゃんが重太さん顔からじょじょにオリジナルな顔に成長を遂げていた。河原からもっちゃん、ももちゃんが走ってくる。ももちゃんが、アイドルっぽい美少女になりつつあり、もっちゃんは、かっこいいクールビューティになりつつある。なっちゃんは人見知りの時期。ひとひは相変わらず、だが、女子たちの前で「チンコしりとり」をやる度胸はない模様。ひとみちゃんはなんだか元気はつらつ。ひさびさの京都やから? しーちゃんは徐々にリカバリー中。3人のおかあさんが会うと独特の華やぎがでますな。ひとひにオトモを命じられ鴨川で小魚取り。ぜーんぜんいたはりません。ももちゃん、もっちゃんにも命じられ、別なところで小魚探し。ぜーんぜんいたはりません。でもまあ、こうして鴨川でこの子らが遊べてるうちは幸せの極地なんやんな。おーっとっと、せーちゃんが自転車にひかれかける。で、ももちゃんはなんでそんなかわいらしいのに裸足でファーマーズまでトイレ借りにいきますかね。くんずほぐれつはなくなったものの相変わらずの女子と男子。1時半ごろ、動物園にいくひとみ、ももちゃんもっちゃん、せーちゃんを見送り、ひとひと僕は帰宅、オートスポーツ用の絵を描きはじめる。今回はGTスペシャル。まず1枚目、2007年の年間チャンピオンARTAのNSX。横からのボディ、ひとりで完璧に描けている。明日はまた別のNSXを描くつもりらしい。3時半からヘミングのスイミング。ひさびさに園子さんも観覧席へ。途中、ぎょうてんコーチが「いしいひとひくんの、おとーさんおかーさん、いたはりますか! あ、いた」みたいに大騒ぎで駆け寄ってくる。というのも、先週ヘミングは進級テストで、そのときは東京、先々週はKBS「ころがるいしのおと」最終回で、2週連続オヤスミだった。それを「わたしから見て、もう、バッチリいけてるんで、7級にしときました。お電話何度もしたんですけど・・・」とのこと。アリガタヤアリガタヤ。ほんまにぎょうてんコーチに見ててもらってよかったなあぴっぴ。終わったあと、7きゅうなったよ、とずいぶん大人っぽい口調で教えてくれた。おめでとうぴっぴ! 帰ってお風呂、せっけんまみれ泡まみれ。晩ごはんはタケノコごはん、鶏の塩焼き、焼きズッキーニ、菜の花とツナのあえもの、きゅうりとわかめ。食後スーパーGTのトーク番組を見た後、アマゾンプライムで「グランドツアー」再見。モータースポーツ少年ひとひいま7歳。

2018年04月03日(火)

男子アホアホ。泉ちゃん、惠ちゃん、ぴっぴ、俺の三人で、姫松までえんえんチンコしりとり。ポワールで果物シャーベット5000円分かう。まったりしたあと多奴喜、たぬきへ。おっちゃんもおねえちゃんも健在。お好み三枚と明石焼き2つ、さらに明石焼き追加。ひとひにとって大阪は「たぬき」のある町、ということになった。帰ってすぐポワールデザート。食べて早々にいってきまーす、とひとひと。電車乗り継ぎ、京都のうちついてすぐ踏水会の体操。めっちゃ暑いやんな。ぴっぴ顔あかい。ブリッジはもう余裕。晩ごはんはひさびさに園子さん料理、ハタハタ塩焼き、ほうれんそうおしたし、きゅうりわかめ、冷や奴。アラスカの獣医さんのテレビ、そしてお風呂。タカシさんに会いたかったひとひ、明日電話しよな!

2018年04月02日(月)

克典はひとりで会社へ。泉、惠、ここな、りんか、わかばちゃんらは、それぞれのおかあさんらと7時出発でユニバーサルスタジオ、ジャパーン。ひとひに「ほんまにUSJいきたい? 海遊館とか、いきたいんやったら、そっちでもええねんで」といったら「そら、あたりまえやん! かいゆーかんのほうがええに、きまったある!」とのこと。そーですか。千恵子母が目医者から帰ってきて、それで3人で出発。父は足腰が少し心配ということで。上町線、御堂筋線、中央線と乗り換え、大阪港。天保山。僕はなんかものすごいひさしぶりだが、海遊館の印象は変わらない。11時半頃なかへ、という時間はさいわいだったかもしれない。そんな渋滞でもなく、カワウソ、アシカ、ジンベイザメ水槽もゆっくり見られた。海遊館はショーなどないぶん、生きものをていねいに見られるよう細かな気配りが施されてあるとおもった。大阪にしてはほんまめずらしいでんな。屋内の売店でペンギンのペンケース買ってエスカレーターおりたら、そこに公式ショップがあったので、ペンケースは僕からのプレゼントということで、おばあちゃんからのお小遣いで、ひとひはアンモナイトの大型フィギュアを購入。THE・満足。マーケットスクエアで明石焼き。ちいさなウミウシの水族館。なんばに移動し、なんばCITYの旭屋書店で、ひとひ、鉄道書コーナー初体験。すごすぎて目が泳いでいる。鉄道にまつわるものなら、おもちゃから、DVDから、切符から、箸から、なんだってそろう。ひとひはおずおずいつも東京の日暮里で買う雑誌「鉄おも」を買いました。6時半に扇町の大阪ツバクロ。ひとひの親友タカシさんはサーフィンにいってて不在。それでも、ふたりの顔なじみのおにいさんとひとひは、食べるのも笑うのも手伝いもやって満足だった。家に戻ってすぐUSJ組もかえってくる。午前中いきなり2時間半待ちで、それではいったミニヨンズのアトラクションが、男子チームは「サイアク」だったそう。でも、バックドラフトはめちゃめちゃおもろかった、とのこと。ひとひ「そやろ」とうなずいている。「ぴっぴはかいゆうかんいって、ぜんぶ、さいこうやったで」と、あとでこっそり。

2018年04月01日(日)

5時前それは眠さの極地。でも外に出たらミミズがのたくっていて、ア、ええもん見られた、とおもった。あいさつしたら旅の人。さっとからだを川上に向けたらそこは京阪のシャコ。おくれましたがな、といってもクールな園子さんのものごしはかわらない。いってらっしゃーい。ひとひとおけいはんで京橋。グランシャトー、やのうて、駅構内のたこ焼き屋さんで明石焼き、がひとひの希望。天王寺で千恵子母、泉ちゃんと待ち合わせ。MIOの上の文房具屋さんで、ふたりの孫に新学期のものを買うてあげるおばあちゃん。チンチン電車は最新式の3両編成。姫松で降り、福寿堂さんで和菓子、花満開の万代池をふらふら通って大阪のうちへ。着いてすぐ、りえちゃんちの妹さんとその娘たち、ここな、りんか、わかばの三人がやってくる。「なんやこのおっさん」という目で見られる。7歳でも5歳でも3歳でも女子は「おんな」ですからね。警察24時とか、阿呆な絵本とか。晩ごはんは豚しゃぶと野菜蒸し、いろいろ食べました。子らが寝たあと、おとなは宴席。軽く。オレオレ詐欺ならぬ「たかのり、たかのり」詐欺っぽい電話がうちにかかっている、という、相当おもろい大ネタ。